法隆寺

今日は、世界遺産の3回目です


『法隆寺地域の仏教建築物』

 法隆寺地域には世界最古の木造建築物が群在します。
 ここには、法隆寺、法起寺をはじめとする多くの仏教寺院が造営され、これらの寺院は、現在でも宗教活動を持続してます。
 法隆寺は、7世紀初期にはじまり、現在の伽藍は西院・東院と子院群からなる。
 西院は7世紀後半から8世紀初頭にかけて再建されたもので、東院は8世紀前半に建設されたものです。
 西院の主要建造物である金堂、五重塔、中門、回廊は、中国や朝鮮にも現存しない、初期の仏教木造建築の様式によるもので、両院の他の主要建造物は主に8世紀から13世紀にかけてのものです。
 両院の周囲にある子院の建設は12世紀ごろに始まり、次第にその数を増し、17世紀から19世紀にかけての建造物が多い。
 それらをあわせることで、日本の仏教寺院の全歴史を物語る文化遺産として認識できる。
 法起寺は7世紀に創建された寺院であるが、いまは706年に完成した三重塔のみが残る。
 法隆寺西院と同様に、初期の仏教木造建築の様式を持つ建造物です。

 日本の木造建築技術は、本当に感心させられます・・・
 皆さんは、どのように思いますか??
 日本の木造建築物も良いと思いませんか?
 自分は、誇りに思っています


 ランキング

↑ランキングに参加していますので、クリックお願いします。左のロゴもランキングなのでご協力お願いします。

建築家 - livedoor Blog 共通テーマ