蟇股・虹梁1


法隆寺鐘楼と径蔵の蟇股・虹梁について

 切妻造(きりづまづくり)の建物には、上部側面に妻飾(つまかざり)といわれる装飾があります。


蟇股・虹梁2


 法隆寺経蔵と鐘楼の場合、妻飾は二重虹梁蟇股(にじゅうこうりょうかえるまた)と呼ばれるもので、大きな梁の上に二つの蟇股を配置して、その上に短めの梁、さらにもう一つ蟇股を配置したものです。
 それで、これら二つの建物の蟇股をよく見てみますと、同じ板蟇股ではありますが、明らかな形のちがいがあります。
 経蔵の蟇股は、ズボンを架けるハンガーのような形で、平べったいシンプルなデザイン。
 一方の鐘楼の蟇股は、少し背が高くなって波型の縁となり、経蔵のと比べると意匠的です。
 この違いはどこから出てくるのかといえば、建てられた年代の差。
 経蔵は奈良時代のものですが、鐘楼は一度失われていて、平安時代の再建になります。
 同じように楼造の建物をたてて、同じように二重虹梁蟇股の妻飾を採用しても、時代が変われば多かれ少なかれ細部に違いが出てきます。
 経蔵と鐘楼では、蟇股の上下にある虹梁のラインにも違いが表れていますよ。 

 時代によって、違うのを発見するのも楽しいですね。
 皆さんも、探してみてはどうですか


 写真は、上が径蔵の二重虹梁蟇股、下が鐘楼の二重虹梁蟇股です。
 難しい話になってしまいましたね


 ランキング

↑ランキングに参加していますので、クリックお願いします。左のロゴもランキングなのでご協力お願いします。

建築家 - livedoor Blog 共通テーマ