Duomo1


 今回はちょっと変更して、ミラノの『Duomo』の第一弾を紹介します

 『ゴシック建築の最高傑作』
 ミラノのシンボル的存在となっている。
 イタリア最大のゴシック建築になる大聖堂。
 1386年、当時ミラノ公ジャン・ガレアッツォ・ヴィスコンティの命により工事が始まった。
 1800年代にナポレオンの指導によってファサードが完成し、87年に劣塔が造られた。
 工事開始から完成まで、実に500年もの歳月が費やされた。
 見るものを圧倒する幅93m、奥行き158mと言う大きさは、教会建築としてはローマのサン・ピエトロ大聖堂に次ぐスケールです。
 天上に向かって延びる135本の劣塔と2245体の彫像で飾られた外観は、圧倒的な存在感だ。
 外装に使われている白大理石は、陽光の加減によって淡いピンクや紫に変化し、気高い美しさを見せる。

 自分が行った時は、ファサードが改修工事だったため、残念ながら見れませんでしたが、存在感は有りました
 たしか改修工事は、今現在終わって居たと思います
 写真は、横からですが見てください。

 また次は、内部等を紹介しようと思います


 ランキング

↑ランキングに参加していますので、クリックお願いします。左のロゴもランキングなのでご協力お願いします。

建築家 - livedoor Blog 共通テーマ