レイ&マリア・スタタ

 今日は面白い建物です

 崩れてる〜〜って、思いませんか??

 実はこの建物、この状態で完成なんですよ
 ビックリしましたよね

 
 『レイ&マリア・スタタ・センター』(アメリカ)と言う建物です
 MITキャンパス通りのに建てられていて、学生が良く見るため建築を学ぶ学生には良い刺激になっていますね

 設計したのは、フランク・O・ゲーリー氏で、以前このblogにも書いた『ビルバオ・グッゲンハイム美術館』など有名な建物を設計した方です

 自分は、フランク・O・ゲーリー氏の設計した建物が好きで、良く写真等見ますがどうやってこの形を思いついたのか、いつも不思議に思っています

 建物概要
  用途:研究所
  設計:フランク・Oゲーリー
  敷地面積:23,000m2
  延床面積:67,000m2
  階数:9階建て
  構造:鉄筋コンクリート造+鉄骨造
  竣工:2004年

 ではでは、また面白い建物等紹介しますね
 
 『gremz(グリムス)』 ・・・ おぉ!!木っぽくなってきた

ランキング

↑ランキングに参加しています
 よろしかったらクリックを、よろしくお願いします。左のロゴもランキングなのでご協力お願いします

建築家 - livedoor Blog 共通テーマ