竜王駅

 久々山梨の建物の紹介です

 JR中央線竜王駅(山梨県甲斐市)の新駅舎です
 設計したのは、有名な建築家である安藤忠雄氏です

 すでに完成して、2008年3月24日から供用開始しています。

 近くを通ったのですが、車なので通っただけです
 微妙な距離にある駅なので、意外と自分は使わないのですが中を見たいので、近いうちにまた行こうと思っています

 設計のコンセプトは、外観は県の特産物でもある水晶や信玄堤の聖牛をイメージした三角形の多面体で構成したそうです

 水晶は分かりますよね?
 ですが、『信玄堤の聖牛』って分かりますか??
 たぶん知らない方が多いと思いますので、ちょっと説明しますね

 聖牛とは・・・洪水の流れを弱めるために考えられた、古い河川工法のひとつです。
 戦国時代の甲州が発祥の地と言われている一説があります。
 三角の形をしているので、上の部分が牛の角のように見えるためこのような名前がついたといわれていますが・・・詳細は不明です

 それで、安藤氏は三角形の組み合わせを使って、山梨ならではの竜王駅を考えたんだと思います

 ではでは、また山梨の建物を紹介しますね

 『gremz(グリムス)』 ・・・ 台風の被害無くてよかった皆さんも台風は大丈夫でしたか

ランキング

↑ランキングに参加しています
 よろしかったらクリックを、よろしくお願いします。左のロゴもランキングなのでご協力お願いします

建築家 - livedoor Blog 共通テーマ