フラット!!

 昨日の続きで、ローコストについてです

 前回は建てる時を視点に、ローコストを考えました。
 今回はちょっと違う視点から、書き込みたいと思います

 代々住むことで、長く一つの住宅に関わることも大きなローコストに繋がると思いませんか??
 
 大きい家は、使い回し出来る利点がありますが・・・
 使わない部屋があると、通気等が悪く家を傷めるので大きすぎてもダメですよね

 小さすぎる家だと、生活の変化に対応出来ず無理が出ることもありますよね。。。
 収納棚を活用し、小さい家でも便利に生活することは出来ます
 
 ただし、造り混んでぴったりサイズの収納を作ると、新築当時は良いのですが・・・
 電化製品等の寿命により、買い換えた時サイズ等の問題が出てくる場合もありますよね

 造り過ぎないというのも大事になってきて、ちょっとした工夫や住む方の生活の変化に対応できるように作る『バランス』が大事ですよね

 要するに、改造・改修等がしやすく、長く住み寿命が長い家がローコスト住宅とも考えることが、出来るのではないかと思います

 これも、考え方の一例なので、どれが正解とも言えず・・・
 お施主様の考え方が、一番の正解といえると思います

 考え方の参考になればと思いました書き込みました
 
 ではでは、また更新しますね

『gremz(グリムス)』 ・・・ 今日も変化ないなぁ〜エコって書いたほうが良いのかな

ランキング

↑ランキングに参加しています
 よろしかったらクリックを、よろしくお願いします。左のロゴもランキングなのでご協力お願いします

建築家 - livedoor Blog 共通テーマ