木柱

 今日は昨日と違い、暖かくなりましたね 

 本題ですが、『リフォームの時も考えて・・・』と言う題名で書き込みます

 リフォーム(模様替え)の時ですが、『2×4』か『在来工法』かによって変わります

 パッと見た感じでは、在来工法か2×4か区別するのは難しいですが・・・
 
 なぜリフォームの時、在来工法か2×4かで変わるのかと思っていますよね
 
 在来工法だと、柱や壁を抜いて部屋を続きにすることも出来ます
 ただし、補強は必要になります

 2×4の場合は、簡単には壁を抜くことが出来ません

 同じ木造ですが、在来工法は基本的に柱と梁で家を支えています
 2×4は壁で家を支えているので、簡単には壁を取ることは出来ないのです

 リフォーム等も考えると、在来工法の方が良いのかもしれないって事を、頭の片隅に入れて置いてくださいね
 (2×4だから模様替えが出来ないと言う分けではないので、誤解しないでくださいね)

 あとはお施主さまの考え方なので、工法をどちらにするのかは他に利点などありますので、後々書いていこうと思っています

 ではでは、また更新しますね

 HP:窪田建築設計事務所

 『gremz(グリムス)』 ・・・ エコバックまた貰ったこれでお買い物

ランキング

↑ランキングに参加しています
 よろしかったらクリックを、よろしくお願いします。左のロゴもランキングなのでご協力お願いします

建築家 - livedoor Blog 共通テーマ