斜塔とドォウモ

 今日は本当に良い天気になりましたね
 ポカポカ陽気バンザ〜ィ

 では、本題に入りますね

 今日は前回の続きで、ピサについてです

 12〜13世紀はじめ、建築と彫刻の分野で新しい芸術が花開き、ピサ・ロマネスク様式と呼ばれる彫刻装飾を施した建築物が続々と築かれました
 
 芝生で覆われたドォウモ広場は、明るく開放的な美のハーモニーを奏でて『奇跡の広場』と呼ばれているのは、知ってましたか

 その広場に面して、地中海貿易で蓄えた莫大な富を注ぎ込んで建てられたドォウモ、洗礼堂、斜塔の3大建築物が、繊細かつ壮麗な姿で誇らしげに建っているんですよ


 みなさん、ピサって言うと斜塔が思い浮かびますよね

 しかし、同じ敷地内に他にも建物があるのを知っていましたか
 
 うぅ〜ん、書いているとまだ書き終わらないなぁ〜・・・
 申し訳ないんですが、当分ピサについて続きそうな気がします

 今回の写真は、ドォウモと斜塔を写したものですよ
 
 ではでは、また更新しますね

 HP:窪田建築設計事務所

 『gremz(グリムス)』 ・・・ 今日はゴミ分別で、明後日の準備をしよう

ランキング

↑ランキングに参加しています
 面白かった、勉強になったって方は、是非ランキングに参加していますので、1日1クリックお願いします

建築家 - livedoor Blog 共通テーマ