マチュピチュ

 今日は、なんとなく、一度は行って見たい『マチュピチュ』を書きます

 インカ帝国の空中要塞、遺された巨石構造の謎〜〜

 最後の攻防戦は優れた文明を持つ空の都で起こったそうです

 1911年、アメリカの考古学者ハイラム・ビンガムに発見されるまで、マチュピチュは400年の眠りについていた・・・

 16世紀、スペイン軍によって最後の日を迎えたインカ帝国の都こそ、このマチュピチュ…

 そんな仮説が今は一般的見たいですね・・・

 でもマチュピチュはそれだけの都市ではない
 その構造に不可解な点が多すぎるそうだ

 まずこの都市を形成する石組みである。完璧に製材された20トンクラスの巨石はカミソリの歯も通らぬほど堅牢に組み上げられている
 さらにこれらの巨石をどうやって標高2720mの地に運び上げたのか?その技術は未だに不明・・・

 またマチュピチュの聖山ワイナ・ピチュさえも、実は人工的に造られた山なのではないかという説もあるそうだ

 古代文明にまつわる数々の伝説は、今もなぞが多い・・・

 みなさんは、行ってみたいですか
 行きたいけど遠いですよね

 ではでは、また更新します

 HP:窪田建築設計事務所

 『gremz(グリムス)』 ・・・ 年賀状いまいちデザインが決まらない

ランキング

↑ランキングに参加しています
 面白かった、勉強になったって方は、是非ランキングに参加していますので、1日1クリックお願いします