4303a327.jpg 住宅を建てようと思っている方の中には、木造(在来工法)だと地震に弱いと思っている方居ませんか?

 阪神大震災の時、2×4(ツーバイフォー)の建物は残ったけど在来の木造住宅は倒壊したイメージがあると思います。

 しかし、阪神大震災のときは比較的2×4は新しいことで残り、在来の住宅は老朽化が進んでいたり、増築を繰り返す、1階に車庫のように開口部を大きくしたりしていて2階の加重が支えられなく住宅が倒壊しています。 
 なので在来の住宅は、壁をバランスよく配置することによって、地震に弱いと言うわけではありませんよ。

 気軽に設計をしている人に聞いてみると教えてくれると思いますので、聞いてみてくださいね。

 ※1.2×4は、昭和の終わりごろから建てられたものが多いようです。
 ※2.写真は、枠組壁工法の写真です。