3d47888a.jpg 在来工法は、日本各地の気候風土や特徴を生かしながら発展してきた物です。

 夏の湿度が高い日本で発達した基本的な構造で、1階の床を高く組み、窓等からたくさんの風を家の中に取り込むことをします。

 在来工法は、伝統工法に木造軸組み工法をプラスした物と考えてくださいね。
 2×4などは、パネル式工法は北米から入ってきた物で、従来からあったものとを区別するために在来とつけたようです。

 在来工法は日本の風土に合わせ、大工さん等の知恵と工夫で発展してきた物なので本来は日本には在来工法があっているかと思います。
 
 木造の中にも、在来工法やパネル工法等ありますのでどれにするかも考えてみると楽しいかと思います。