お施主様の協力により工事内容を、blogに書き込めることになりました。

定期的に工事の進捗状況等、書き込んで行きますのでよろしくお願いします

IMG_0001

本日現場に行って、浄化槽の設置を確認してきました。
今回は合併処理浄化槽で、7人槽です。

内部の構造は、二枚目の写真の通りです。

浄化槽イラスト

(1)嫌気濾床槽
内部を2室に分け、それぞれに濾材を充填。汚水中の汚れ分(有機物)を濾材表面に付着した嫌気性微生物により分解します。
(2)生物濾過槽
ブロワ(送風機)で空気を送り、担体に付着した好気微生物により、さらに水中の有機物を分解します。
(3)処理水槽
生物濾過槽の処理水を消毒槽へ移流します
(4)消毒槽
処理水を消毒剤で消毒し放流します。処理水槽の水は消毒槽に設けた移流口から流入し、消毒剤と接触して消毒されます。
(5)空気配管
・循環用バルブ
処理水を嫌気濾床槽第1室に循環する装置は、エアリフトポンプ方式を採用。循環水量はバルブで設定できるため、水量の調節がしやすくなっています。
・切り替えバルブ
生物濾過の手動逆流時に操作します。

また、更新しますのでよろしくお願いします。


※参考資料:株式会社 日立ハウステック HPより
      http://www.hitachi-ht.com/index.html